白内障手術

白内障日帰り手術について

 白内障とは、水晶体が混濁する病気です。症状は、かすんだり、まぶしくなったり、二重に見えたり色々です。一度発症すると、手術を受けない限り改善することはありません。
 白内障の手術は、水晶体の混濁した中身を吸い取り、代わりに眼内レンズという人工のレンズを挿入する手術です。当院では、「より丁寧な手術」、「より安全性の高い手術」を、常に心がけております。手術室には、空気を清潔に保つためのクリーンエアコンを完備しています。手術の麻酔は、点眼麻酔による局所麻酔です。痛みを感じやすい人には、より強く効く麻酔をすることも可能です。手術後特に体調不良などなければ、そのまますぐに帰っていただけます。
 
 私が研修医の頃は、白内障手術は入院して受けるのが一般的でした。しかし時代は変わり、むしろ日帰り手術の方が一般的になってきました。
 現役世代の若い方で、お仕事休めないから入院は無理という方でも、日帰りならばということで、手術を受けられる方は結構いらっしゃいます。お年の方でも、家に寝たきりのご家族さまがいらっしゃるケースや、またペットなどを飼われていて、入院だとお世話が出来なくて困るという方にも、白内障日帰り手術は好評をいただいております。なお当たり前ですが、入院費用も発生しませんし、着替えなど手荷物の準備も必要ありません。
 もちろん眼やお身体の状態によっては、入院で手術を受けていただく事もあります。また諸事情により入院での白内障手術をご希望される場合は、適切な病院をご紹介させていただきます。


<手術までの流れ>

(1)手術を申込みされたら、手術用の検査を受けていただきます。当院での採血や、内科受診もあります。

(2)手術が近づいてきたら、術前説明会があります。手術前後の過ごし方や、手術の合併症などについて、スタッフや院長から説明があります。全身状態の確認をし、術後のピントの位置などを相談します。そして術前にさす点眼薬が処方されます。

(3)手術の前の日曜日から、2種類の術前点眼薬を開始します。

(4)手術当日は、いつも通りお薬を飲んできてください(中止を指示された薬は、指定された日から飲まないで下さい)。お昼ご飯は、少ない目が望ましいでしょう。

<手術後の流れ>

(1)手術終了時に着けた眼帯は、翌朝の診察までは外さないようにして下さい。翌日朝一番に受診をしていただきます。

(2)翌日から、術後の内服薬と点眼薬が始まります。内服は4日間で終了ですが、点眼薬は、種類を減らしながら、3カ月間続けていただきます。

(3)術後1週間はお顔と髪を洗えません。顔は清潔なおしぼりで拭くだけになります。首から下は、手術翌日から湯船につかっても大丈夫です。運動や自動車の運転などは、院長に確認してからにして下さい。

(4)だんだんと診察間隔が延びて行きますが、万が一眼の調子が悪い時は、診察予定の日ではなくても診察を受けに行きましょう。もし休日の場合は、中央急病診療所を受診して下さい。

お問い合わせ

受付時間

  9:00~12:00

/

/

 15:30~18:30

/

 /

/

 休診日

 日曜、祝日、水曜日の午後  ▲ 水曜日の午後は手術のみで、一般診察は行っておりません。

夜間や日曜・祝日などで、お急ぎの方へ

中央急病診療所を受診して下さい。
大阪市西区新町4-10-13 TEL 06-6534-0321 http://www.osaka99.or.jp/chuuou.html

アクセス


〒558-0004 大阪市住吉区長居東4丁目11-25 タケ&ハルビル第1‐3階
TEL 06-6606-2220
FAX 06-6606-2210

まえだ眼科の場所は、長居公園通りとあびこ筋の交差点の南西角のビルの3階です。
 
あびこや西田辺からは、大阪メトロ御堂筋線の「長居」駅⑥番出口を出てすぐです。
⑥番出口の目の前に当ビルの入り口があります。

東住吉区や平野区、住之江区からでも、大阪市バスでお越しください。
「地下鉄長居」で降車いただき、バス停から徒歩1分です。

また阿倍野区や東住吉区からJR阪和線で来られる場合でも、JR「長居」駅から徒歩5分くらいです。

 
下の写真が、まえだ眼科が入っているビルの入口になります。